生活

低温調理器【BONIQ】がおすすめ!

こんにちは、ねぴです。

今回は低温調理器【BONIQ】を紹介します。

家庭で手軽に本格的な肉料理を作りたい!
低温調理って気になるけど実際どうなの?

という方、是非ご覧ください!

ねぴ
ねぴ

色々な調理器を使ってきましたが低温調理器は本当におすすめです!

家族がいるご家庭はもちろん、一人暮らしでも大活躍しますよ!

低温調理ってなに??

50℃~70℃の温度でじっくりと火を通す

肉に含まれるタンパク質は熱を加えると50℃辺りから変化を起こし、70℃を超えると固く縮んで肉汁を失ってしまいます。

そのため、50℃~70℃の範囲でじっくりと火を通すことで柔らかく美味しいお肉にすることができます。

体温調理器はお湯の温度を一定に保つ

しかし、フライパンなどで調理をすると200℃以上の高温となるため、この温度範囲を狙って料理することが困難です。

鍋にお湯を張ったとしても、温度管理は至難の業です。

そのため、調理したい温度帯にお湯の温度を保つ調理器「低温調理器」が出番となります。

低温調理器を使えば簡単に美味しいお肉ができる

食材を鍋に入れるだけ

手順はとても簡単で、フリーザーバッグに入れて鍋の中に入れるだけ。

誰でも簡単に使うことができます。

ローストビーフも簡単

温度を一定にキープしてくれるのでローストビーフも簡単!

家庭で簡単に食べることができるようになります。

解凍と火入れを同時にできる

私はコストコで購入した真空パック器があり、それで冷凍保存しているため、そのままお湯に入れてます。

解凍と火入れが同時にできるのでとても便利!

火を使わないので放置できる

火を使わないので調理中は放置でOK!

そのため、寝ている間でも調理可能です。

忙しい朝に火入れが終わっている食材があればとても助かりますよね。

低温調理器【BONIQ】を使ってみた感想

わたしが使っているのはBONIQ Proというモデルになります。

それを約1年使ってみての感想になります。

見た目がオシャレ

いきなり料理関係ありませんが(笑)

でもおしゃれなので使っててテンションが上がります。

見た目って大事ですよね!

操作がタッチパネルであるため簡単!

操作がタッチパネルになっていますので、非常にとっつきやすいです。

簡単に操作できますので、まず悩むことはないでしょう。

鶏肉はパサパサ感がなくなる

鶏肉は普通に調理するとパサパサ感がどうしても出てしまいますが、パサパサ感がない鶏肉になりました。

すごく美味しいです。

ソースのレシピはBONIQレシピサイトにあるネギしょうがドレッシングで作ってみました!

牛ステーキは安い肉の方が美味しい

これすごく驚いたのですが、高いステーキ肉より安いステーキ肉のほうが美味しいんですよね。

高いお肉は脂が多いのかちょっと重く感じました。

私はあまりレアが得意ではないので温度を少し高めにして火を通しましたが、お肉はめちゃめちゃ柔らかくて美味しかったですよ!

ソースはオリーブオイルでにんにくを炒めたところにバルサミコ酢を入れてサッと火入れしたものを掛けましたが、抜群に美味いです(笑)

ただ、バルサミコ酢は火入れすると強烈な匂いを放ちますので、換気全開でやりましょう!(笑)

豚バラ肉は脂が抜けてスッキリ&柔らか

豚バラ肉は脂が抜けるので、スッキリした味わいになります。

もちろんお肉自身はとても柔らかくなります。

あとは炒めものするときにすでに火入れ済の豚バラ肉になりますので、調理時間短縮にもなりオススメ!

まとめ

低温調理器があれば料理時間の短縮にも繋がりますし、安いお肉を簡単に美味しくすることができます。

また、冷凍が多くなりがちな一人暮らしでは解凍と火入れが同時にできるため、とても楽になります。

柔らかいお店のようなお肉を家庭で簡単に作れるようになると料理も楽しくなりますよ!

悩んでいる方は是非導入してみてはいかがでしょうか。(^^)

-生活
-, ,